2014年8月アーカイブ

第6回 和室の会

おかげさまで会発足から半年。
ありがとうございます。
本当に早いものです。
参加者のみなさんがどんどん成長しているのが本当に嬉しい。

マイムに三味線にピアニカに踊りにお菓子に和室。
世界どこ見たってないですよ。
これ本当。
唯一無二。

この調子でまずは1周年に向けて精進精進。
ご来場ありがとうございました。




★★★『第6回 和室の会』 ★★★


日時 : 2014年7月26日(金)

 場所 : 中央区産業会館の和室

 時間 : 19時半頃から


内容時間は、当面出演者の人数にもよりますが、20分~40分程度になるかと思います。





当日の出し物


すがぽん  三味線弾き歌い (梅は咲いたか・東雲節・野球拳・金比羅船々)
  

けいこ   自作マイム作品 ( 鳥 )       


ふじやん。  自作マイム作品  ( へべれけ )


くわ    鍵盤ハーモニカ演奏 ( ジブリメドレー )


佐野   自作マイム作品 ( I'll Be Back )


くわ   自作マイム作品  ( さんぽ )


すがぽん  踊り   ( かっぽれ )



『浅草幇間大競演』 再々演

沢山のご来場ありがとうございました。
また再演ができますでしょうかね。
そして、次回参加の時は幇間になれているように日々これ稽古であります。




★★★ 新吉原で夏の風物詩が復活! 8月3日 「よしわら俄(にわか)」  ★★★


浅草の吉原で、8月3日に幇間が大集合。
 前回前々回と好評だった公演がまた吉原にやってきます。

すがぽんは、弟子としてちょこっとだけ出演?もしちゃいます。
ご興味のある方は、8月3日吉原公園の特設会場にいらっしゃい!!


江戸時代の吉原で行われた即興芝居「吉原俄」は、毎年8月に街頭で幇間が中心になって滑稽な話を演じた夏の風物詩。江戸音楽堂の「琴・尺八・舞踊&三味線」や人気の狐楽市・提灯行列など、古今の俄芸を間近で体験できる今回のイベント「よしわら俄」。大人も子供も江戸の夏を満喫できます。
"新吉原で夏の風物詩がいま、甦る?

吉原俄は、江戸時代の吉原で行われた即興芝居で、享保年間(1716~1736)に始まり、毎年8月、街頭で幇間が中心になって滑稽な話を演じたものです。



■イベント名: よしわら 俄(にわか) 

■主    催: 吉原商店会 

■開催場所/日時:平成26年8月3日(日) 小雨決行
      
     「江戸の余興」    
          昼の会:定員50名/千束保健福祉センター 13:00~ (@3,500)

          ※よしわら話(落語)・浅草幇間連 小芝居「もう半分」を食事と共に
         ※有料・要予約

■入 場 料: 無料 
         ※「提灯づくりワークショップ」「江戸の余興(昼/夜)」は各有料