2010年11月アーカイブ

☆☆☆ 演劇公演 「SPAC秋のシーズン」 『わが町』 ☆☆☆


無事終演いたしました。
沢山のご来場誠にありがとうございました。
ありがとう!!静岡!!

 

久々にすがぽんがお芝居に参加します。
台詞だってしゃべります。たぶん・・・。。


■作・演出
演出:今井朋彦  
作:ソーントン・ワイルダー
訳:森本薫    
音楽:松本泰幸


■出演
石井萠水、いとうめぐみ、大内智美、大高浩一、奥野晃士、木内琴子、 貴島豪、すがぽん、武石守正、舘野百代、保可南、野口俊丞、本多麻紀、牧山祐大、三島景太、吉植荘一郎、吉見亮


■公演日程
一般公演:10月30日(土)16時30分開演、31日(日)14時開演、11月6日(土)16時30分開演、7日(日)14時開演、13日(土)16時30分開演、14日(日)14時開演


中高生鑑賞事業(一般販売限定30席):10月25日(月)14時開演、29日(金)13時30分開演、11月2日(火)13時30分開演、4日(木)13時30分開演、5日(金)12時30分開演、9日(火)13時30分開演、10日(水)12時開演、12日(金)14時開演 ※一般販売なし


■チケット料金
★静岡県内の中学生は、30名までご招待あり
チケット:4,000円/ペアチケット(2枚)7,000円/大学生・専門学校生2,000円/高校生以下1,000円


■会場
静岡芸術劇場
http://www.spac.or.jp/

 

世界中で愛されてやまないソーントン・ワイルダーの傑作!
劇団文学座の実力派俳優・今井朋彦が演出!

 

■作品について
1938年のブロードウェイでの初演以来、アメリカをはじめ世界各国で繰り返し上演されてきた名作戯曲『わが町』。日本でも人気のあるこの作品を、文学座所属で舞台にテレビに活躍中の実力派俳優・今井朋彦が演出します。『令嬢ジュリー』と並んで、この秋、SPACがお届けするもうひとつの新作です。
アメリカの田舎町を舞台に、日常を生きる人々を豊かに活写し、人の一生の限りない輝きを見事にとらえた永遠の名作『わが町』。毎日の生活が愛おしくなる...。

 

■あらすじ
アメリカ合衆国ニューハンプシャー州の田舎町グローヴァーズ・コーナーズ。早朝、町医者のギブスの家ではジョージとレベッカが母親にせかされて起床。地元新聞の編集長ウェブさんの家はギブス医師のお隣で、ここにも同じ年頃のエミリーとウォーリーがいる。夜になればふたつの家の2階の窓越しからエミリーがジョージに宿題を教える。ふたつの家の生活が匂うように活き活きと描かれるなか、時は経ち、やがてジョージとエミリーは新しい生活をはじめることになる...